医療と介護の勉強会 ~港北ニュータウン診療所~

テーマは「片麻痺者の人生を左右する地域における装具フォローの現場~明日からの装具の見え方が変わる~」と題しまして、装具について分からないことや放置せざるお得ない状況を変えるため、実際の症例を通して装具の役割や必要なフォローについてお話しさせて頂きました。

神山一行理事長先生の総括の中で、今、装具使用者をすくうためにも、義肢装具士が赤字で動かなくてもすむように、行政の対応が不可欠であることなどにふれられ、みんなで行動することが大事であるという呼びかけがありました。

R2.1.8港北ニュータウン診療所勉強会写真